快適な生活空間

特殊清掃にかかる費用の相場

清掃

特殊清掃とは、清掃業のひとつに分類されます。事件現場清掃業などと呼ばれることもあり、事件、事故、自殺等の現場や、孤独死により遺体の発見が遅れていまい、腐敗や腐乱により汚れてしまった、故人のお部屋をキレイにするため清掃、消毒等を行ないます。また、このような清掃業務に加え、亡くなられた方の遺品整理なども行っています。特殊清掃は、現在なくてはならない重要な業務のひとつとなっています。特殊清掃にかかる費用は、清掃現場の広さ、ダメージの範囲・状況または消臭などの作業によって様々であり、一概にいうことができませんが、一般的な相場としては約30万円から70万円ほどとなっています。掃業者ごとによって、また、含まれるサービス内容によって価格に差があります。特殊清掃は、主に自殺や孤独死、事故死等によって遺体の発見が遅れてしまったことにより、汚れやダメージを受けたお部屋の清掃、除菌、消毒を行ないます。このようなお部屋の清掃は、消毒・消臭・害虫駆除などの専門的な知識と技術が必要不可欠であるため、一般的な清掃業者では行なうことができません。また、このような状況で死を迎えた故人の遺族や関係者への対応も、特殊清掃業者としての豊富な経験と冷静なメンタルが必要となっています。また、特殊清掃では、現場の清掃・消毒・除菌といった業務の他にも、家屋解体、リフォームといった現状回復、葬儀社等が対応できない場合のエンバーミング等も行っています。特殊清掃は、あらゆる側面でプロフェッショナルであることが必要とされる、世の中にとって重要な業務となっています。

技術習得と営業活動が重要

女性

世の中にはいろいろな代行サービスが存在しますが、中でも近年の利用者が大きく拡大しているのは家事代行のハウスクリーニング業です。ハウスクリーニングは掃除を代行するだけでなく、フロアコーティングなど専門性の高い作業にも対応しています。高齢世帯や共働き家庭の増加でこうした家事代行サービスへの需要が高まっているのを受け、ハウスクリーニング業者として開業する人も年々増加中です。飲食店や小売店のような店舗を構える必要のないハウスクリーニング業は低資金での開業も可能ですが、安定した収益を上げていくにはしっかりとした技術力が欠かせません。清掃業務に関する専門知識を持たない人でも、ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟することで技術研修が受けられます。フランチャイズの加盟店には本部から仕事を紹介される例も多く、自力で営業をする必要がないという点でも有利となるのです。フランチャイズに加盟する場合における開業までの流れとしては、まずフランチャイズ業者にインターネット等を通じて申し込むことから始めます。申し込み後はフランチャイズが開催する説明会に参加して事業内容等の説明を受けるのが一般的で、加盟条件や初期費用などに関しても知ることができます。事業内容や費用に納得がいったらフランチャイズ契約を結び、指定された期間の研修に参加してハウスクリーニングの技術を身につけます。実技や営業に関する研修を受けることによってハウスクリーニング業の基本がマスターされ、業務用の薬剤や専用工具を扱うこともできるようになるのです。ハウスクリーニングの開業ではフランチャイズに加盟しない独立形態もありますが、何事もゼロから信頼を築き上げるのは大きな困難を伴います。フランチャイズのサポートを受けることによって開業への負担が大きく軽減されるだけでなく、確かな技術力に裏打ちされた顧客からの信頼が安定収益を招き寄せるのです。

業者の選び方に気をつける

掃除道具

一般的な部屋の清掃作業であれば、住んでいる人が簡単に行うことができます。また、業者に依頼する場合でも、通常の清掃業者で対応することができるため、気軽に依頼することができるものです。しかし、マンションなどの部屋で人が亡くなった後に時間が経過してしまった場合などは、跡や臭いが相当なものになるため、熟練した技術を持った業者でなければ対応することができません。特殊清掃の業者に依頼する必要があります。特殊清掃の作業には、さまざまなタイプがあるので、業者の選び方に気をつけなければなりません。料金も、業者によって大きく異なります。特殊清掃に特化した業者に依頼するように心がけると、適切な業者を選びやすくなります。遺品整理を手がける業者が増えている現在では、特殊清掃の業者と遺品整理の業者が混同されてしまう場合もあります。しかし、両者は大きく異なる業務を行っている業者なので、きちんと区別することが大切です。特殊清掃が必要な場合は、遺品整理の業者ではなく、特殊清掃を専門としている業者の中から依頼先を決めなければなりません。特殊清掃では、屋内や屋外の汚染した箇所を除染する作業、血液を除去する作業、あるいは感染症を予防するための処置などが中心となっています。さらに、害虫を駆除する場合もあります。非常に多岐にわたる業務なので、高度な専門性が必要とされます。特殊清掃には、病院などでの納棺、供養、お祓いなどまで含まれることもあるのです。