お掃除代行で独立を果たす

低リスクでの起業が可能

女性

近年、独立開業を目指す人の間で注目を集めているのが、ハウスクリーニングです。ハウスクリーニングは主に個人を対象とした清掃代行業です。日常的な掃除機がけから水回り、エアコンの分解清掃、年末の大掃除など、さまざまなニーズに対応します。独立手段としてのハウスクリーニングの良さは、何と言っても初期費用が安くて済むことです。業務は個人宅を訪問して行うのが基本なので、自宅を事務所代わりにすれば店舗を借りて維持する必要がありません。開業するには清掃用具や洗剤、それらを運搬する車両などが必要になりますが、通常の店舗ビジネスにおける内装費や設備費に比べると費用は少なくて済みます。また、飲食店や酒販店などと異なり、ハウスクリーニングの開業には特定の資格や免許が要りません。必要なのは運転免許ぐらいです。清掃技術やホームページの開設方法なども、各種のビジネスセミナーを受講すれば数週間程度でマスターできます。こうした、開業に係るハードルの低さ、準備期間の短さも独立を志す人にとっては魅力的なものとなっています。また、事業規模をある程度自由にコントロールできるのも、ハウスクリーニングのメリットの1つです。飲食店やコンビニであれば、経営の持続性を考えれば必要な店舗の広さや品数は一定の基準に沿う必要があります。しかしハウスクリーニングの場合、大勢のスタッフを雇って支店を次々とオープンさせることもできれば、アパートの空き室清掃などをメインにして1人で仕事を行うこともできます。自分の理念やペースに合わせて事業環境を構築することが可能です。

どんな仕事をしてくれるか

掃除道具

女性の社会進出が進んだ事によって、自宅での家事に費やす時間が必然的に減っていますが、その中で急速に規模を拡大しているのが家事代行サービスです。家事代行サービスの主な仕事は、料理や買物、掃除といった一般的な家事がありますが、これら以外にもハウスクリーニングという作業も存在します。家事代行サービスのハウスクリーニングは、掃除機やモップを使うような普通の掃除とは違い、エアコンやキッチンの換気扇といったエリアを綺麗に仕上げてくれます。他にも、普段ではなかなか掃除ができないとされるトイレや浴室などの掃除も行なってくれるのです。通常の洗剤では落とす事の出来ない汚れをハウスクリーニングでは取り除きますので、驚くような仕上げになる事は間違いありません。プロ仕様の洗剤・クリーニングの時間が掛かる事から、通常の家事代行サービスよりも作業料はかかるものの、納得いく仕上げになるので安心して依頼しましょう。クリーニングをする前に料金システム・掃除方法についての説明が行われ、その後に作業を行う事が一般的な流れとなっていますので、その業者の仕上げが気に入った場合は再度使ってみると良いでしょう。頑固な汚れの場所以外にもハウスクリーニングは対応しており、家全体の掃除も承ってもらえる業者も存在している事から、事前に見積もりを出して対応してもらうとトラブルが起きる事はありません。どの業者にするかを迷っている場合は、何度かスポット利用をして本格利用を決めるといった考えを持っていると良いでしょう。

特殊な清掃とは一体なんだろう

掃除機

特殊清掃とは、名前を聞いただけで普通の清掃とは明らかに違うということだけはわかります。では、特殊清掃とはどのような仕事内容なのでしょうか。例えば、物がたくさん溢れ出し庭先まで進出してしまっている状態のいわゆるゴミ屋敷の清掃から、自殺や殺人、または孤独死などの遺体現場を作業するのもこの特殊清掃員の仕事でもあります。現場は壮絶なものもあり、初めて作業した時はその日の夜は寝られないほどの現場もあるようです。特殊清掃の費用は、その仕事内容のわりにはあまり高額ではありません。そんなに特殊清掃を必要としない場合も多く、給料としては、一般企業とあまり変わらないかもしれません。依頼主も現状復帰となれば、また費用もかさむことになります。しかし、人の遺体があった場所を清掃するとなれば並大抵の人ではできません。必ずしもきれいな状態であるとは限らないからです。血痕が付着していたり、物が散乱していたりすれば作業も大変です。場合によっては遺体に虫がたかっていることもあり、とても作業を始められる心理にはならない感情を抑えて仕事をしている人がいるのです。専門的な知識も伴う特殊清掃ですが、頻繁に業務依頼がくるといったこともなく、その面が給料に影響するところでもあります。特殊清掃作業員の人たちがこういった仕事をせずに済むように、後に残された人たちが自分のことだけでなく、周りの人のこともよく考えて行動する必要があるのではないでしょうか。そして特殊清掃の仕事内容について知るべきではないでしょうか。